コロナ禍でも強いロシアが仕掛けるイスラエル戦争の真相

新型コロナウイルスで世界経済は
壊滅的な影響を及ぼしていますが
原油安でもロシア経済はさほど
影響を受けていません。

今後の世界大恐慌を迎える中
ロシア経済に関して横森は
悲観的ではありません。

経済経済が破壊する中
ロシアがイスラエルへの戦争を
仕掛けるシナリオも存在します。

横森がロシアの役割と
今後の展開について解説しました!

【音声の内容】
・コロナ禍で原油安でもなぜロシア経済は強いのか?
・プロレス団体の台本に従わないロシアの目的とは?
・ロシアはイスラエルに攻め入るのか?エゼキエル戦争の真相とは?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 海外資産5000円以上、未報告の恐怖

  2. 脱原発で恩恵を受ける産業

  3. 8億人が仕事を失う人工知能時代にどう生き残るのか?

  4. ゴーン氏逮捕:陰謀論の真相

  5. 円高の原因は『安全資産』という嘘!

  6. 富裕層を完全把握する国税の包囲網

  7. 外資優遇の縮小によるフィリピン経済への影響

  8. プロレス大統領トランプ SNSアカウント永久凍結が持つ意味とは?

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 今井
    • 2020年 7月 15日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 今井
    • 2020年 7月 15日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ