コロナ禍でも強いロシアが仕掛けるイスラエル戦争の真相

新型コロナウイルスで世界経済は
壊滅的な影響を及ぼしていますが
原油安でもロシア経済はさほど
影響を受けていません。

今後の世界大恐慌を迎える中
ロシア経済に関して横森は
悲観的ではありません。

経済経済が破壊する中
ロシアがイスラエルへの戦争を
仕掛けるシナリオも存在します。

横森がロシアの役割と
今後の展開について解説しました!

【音声の内容】
・コロナ禍で原油安でもなぜロシア経済は強いのか?
・プロレス団体の台本に従わないロシアの目的とは?
・ロシアはイスラエルに攻め入るのか?エゼキエル戦争の真相とは?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 中共的管理社会を目指す世界(EUと中国の投資協定合意で読み取れる未来と…

  2. 2020年どうなる?中国!

  3. 日銀の出口戦略は粉飾決算

  4. 中国人民解放軍を手に入れた習主席の野望

  5. 成長期待のインドで迫る金融危機!

  6. サウジアラビアが最も恐れるシナリオとは?

  7. 日銀:賃貸住宅市場に異例の警鐘:隠された思惑とは?

  8. 収入格差=遺伝:AI時代を生き残る人材とは?

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 今井
    • 2020年 7月 15日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 今井
    • 2020年 7月 15日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ