アメリカ対中制裁による通貨覇権争いの行方とは?(ドルvs人民元)

香港国家安全法を巡り
アメリカと中国の対立が
激化しています。

アメリカによる対中制裁法案が
成立することになれば中国は
1兆1000億ドル(約118兆円)相当の
ドル資金が危険にさらされるます。

今後の米中関係はどうなるのか?
横森が解説しました…

【音声内容】

・アメリカが漬け込む中国の最大の弱点
・香港国家安全法…米制裁で中国が怯える理由
・米中戦争に伴う通貨覇権の行方とは?
・アメリカが制裁をすればドル覇権が弱体化するカラクリ


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. アメリカ法人税、大減税の効果とは?

  2. ビットコイン10万社受け入れ!仮想通貨の近未来とは?

  3. 地銀の6割、海外現金送金停止!の裏事情 

  4. ドル連動の仮想通貨は国際通貨となるか?

  5. サラリーマン大家の危険な罠

  6. ゴールドより値上がりが期待できる『ある』資源とは?

  7. 都市機能が停止した深セン!世界経済への深刻な影響とは?

  8. トランプ政権の政策シナリオライター(実名付き)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ