プロレス系金融最大手がビットコインを意図的に下げる理由…

米金融最大手ゴールドマン・サックスは、
ビットコイン(BTC)など暗号資産
(仮想通貨)が嫌いなことで知られています。

同行は最近、投資家を集めた会議で、
改めてビットコイン嫌う理由を
挙げて説明しましたが、多くの投資家は
納得できませんでした。

ゴールドマンは何故、ビットコインを
そこまで嫌うのか、ブリーフィングで
明らかにされた内容を紹介します。

【音声内容】

・プロレス団体とゴールドマンサックスとの密かな関係

・世界支配像が仕込む仮想通貨の未来像

・中央銀行型デジタル通貨の進捗状況とは

・なぜプロレス団体は意図的に仮想通貨の評判を下げるのか?

・ゴールドマンサックスがビットコインを嫌う理由


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 上司、部下なしの企業は成功できるのか?

  2. 人民元国際化が立ち往生した理由

  3. 仮想通貨投資を推奨する米年金コンサル企業

  4. 国際金融の新規制「バーゼル3」が世界経済に与える影響

  5. 年間220兆円の不法取引:金融界の未来

  6. 夏よりインフレ確実!想定外の要因とは?

  7. 海外直接投資19%減から予測する世界経済

  8. 「先行き不安」でタンス預金する馬鹿げた富裕層

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ