プロレス系金融最大手がビットコインを意図的に下げる理由…

米金融最大手ゴールドマン・サックスは、
ビットコイン(BTC)など暗号資産
(仮想通貨)が嫌いなことで知られています。

同行は最近、投資家を集めた会議で、
改めてビットコイン嫌う理由を
挙げて説明しましたが、多くの投資家は
納得できませんでした。

ゴールドマンは何故、ビットコインを
そこまで嫌うのか、ブリーフィングで
明らかにされた内容を紹介します。

【音声内容】

・プロレス団体とゴールドマンサックスとの密かな関係

・世界支配像が仕込む仮想通貨の未来像

・中央銀行型デジタル通貨の進捗状況とは

・なぜプロレス団体は意図的に仮想通貨の評判を下げるのか?

・ゴールドマンサックスがビットコインを嫌う理由


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 韓国の韓進海運の破たんから見る『ある』特殊事情

  2. イギリスEU離脱で恩恵を受ける国

  3. コロナ危機!ビットコインがゴールドに代わる資金退避先となるか?

  4. 安倍首相のゴルフ外交、『親密』日米関係の行方

  5. 3年連続の「想定外」自然災害で損害保険会社が危ない?

  6. 2020年どうなる?中国!

  7. 日本は資本主義の終焉モデル

  8. マンション契約率悪化!不動産バブル崩壊の前兆か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ