猛毒除草剤を買収したバイエルの黒い歴史

ドイツのバイエルは24日、除草剤
「ラウンドアップ」の発がん性を巡る
米国内の多くの訴訟を決着させる
合意に達したと発表しました。

2018年の米モンサント買収で引き継いだ
問題の解消に向け、これまでで最も
大きな一歩となりましたが、実はバイエルには
ナチスと関わる黒い歴史がありました。

なぜバイエルがモンサントを買収したのか?
農業ビジネスの黒い歴史について
横森が徹底解説しました。

【音声内容】

・バイエルがモンサントを買収した裏事情

・化学メーカー、バイエルとナチスと関わる黒い歴史

・ヨーロッパで禁止の猛毒除草剤が一番売られている国…

・農家を窮地に追い込む農業ビジネス


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 質問1197 二酸化炭素削減…真の目的とは?

  2. 質問1007 銀行コイン発行でもマイニング事業は成立する?

  3. 質問872 サウジ原油減産でも価格下落は継続するか?

  4. 第377回収録 金正恩は操り人形

  5. 第291収録 円安・株高: 世界マネーの動きの秘密

  6. 質問878 日銀の債務超過でハイパーインフレ?

  7. 質問988 中国、沖縄侵略の可能性はある? 

  8. 質問888 マイナンバーは資産税の準備か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ