TwitterとFacebookこそが社会混乱の元凶?プロレス団体に都合の良い情報に偏ったSNS社会

FacebookやTwitterといったSNSは
「人々を繋げる」=「素晴らしい」
といったイメージが広がっています。

しかし、

「表現の自由がある」とされている日本や
米国でも、検閲をされているのが実情であり、

「誰か」にとって都合の悪い情報は
削除対象となっています。

そのような、プロレス団体にとって
都合の良い情報に偏っている
SNS社会について横森が解説します。

 

【音声内容】

・SNS社会で言ってはいいけないこと

・中国だけでなく、日米も検閲されている?

・ワクチンに反対する意見は削除対象

・SNSを用いた世論誘導

・SNSをやっている人は大衆

・真実を知る方法


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 波乱の資本主義社会への近未来予測

  2. 日本の脱デフレと財政問題の驚愕な解決手法

  3. 香港「逃亡犯条例」騒動の裏読み

  4. IEAの原油月報の真相

  5. IMFと世銀がブロックチェーンに乗り出した意味とは?

  6. 中国共産党の工作員が台湾総統になったら?

  7. トランプ大統領がアマゾンを口撃する裏事情

  8. ベネズエラが破綻寸前になった本当の理由

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2020年 6月 29日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ハミング
    • 2020年 6月 29日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ