TwitterとFacebookこそが社会混乱の元凶?プロレス団体に都合の良い情報に偏ったSNS社会

FacebookやTwitterといったSNSは
「人々を繋げる」=「素晴らしい」
といったイメージが広がっています。

しかし、

「表現の自由がある」とされている日本や
米国でも、検閲をされているのが実情であり、

「誰か」にとって都合の悪い情報は
削除対象となっています。

そのような、プロレス団体にとって
都合の良い情報に偏っている
SNS社会について横森が解説します。

 

【音声内容】

・SNS社会で言ってはいいけないこと

・中国だけでなく、日米も検閲されている?

・ワクチンに反対する意見は削除対象

・SNSを用いた世論誘導

・SNSをやっている人は大衆

・真実を知る方法


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 金よりビットコイン!米若い投資家が支持する仮想通貨の未来とは?

  2. 中東政策はアメリカよりロシアが主役か?

  3. 新型コロナ治療薬アビガン承認の動きの裏読み

  4. 史上最大に膨張した債務!信用バブル崩壊はいつくるか?

  5. 将来の日本の姿…フランスでコ●ナ罰金導入へ

  6. 人口減少するフランスが豊かになる搾取構造

  7. 愚策となるタックスヘイブンへの租税回避策

  8. 香港の不動産バブル崩壊?金利上昇が与える影響 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • PHENIX
    • 2020年 6月 29日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ハミング
    • 2020年 6月 29日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ