貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

貿易取引を支えるトレードファイナンス
(貿易金融)の不足が世界経済の
新たなリスクになりつつあります。

新型コロナウイルスの感染拡大で
担い手だったグローバル金融機関が
余力を失い、国際商業会議所は
5兆ドル(540兆円)が

この貿易金融の資金不足によって
どのような影響があるか横森が
解説しました!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 都市機能が停止した深セン!世界経済への深刻な影響とは?

  2. トランプ政権の政策シナリオライター(実名付き)

  3. 中国、原油先物上場がもたらす世界原油価格への影響

  4. 勤勉な日本人の優位性

  5. 要警戒!「膨れ上がる債務」記事掲載はプロレス団体からサイン

  6. リスク回避の円高は続くのか?

  7. 安倍首相、矛盾だらけの所信表明

  8. 富裕層に大人気!大恐慌、コロナ鎖国時代で密かに海外に逃げる方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. グレートリセット2023

アーカイブページ