貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

貿易取引を支えるトレードファイナンス
(貿易金融)の不足が世界経済の
新たなリスクになりつつあります。

新型コロナウイルスの感染拡大で
担い手だったグローバル金融機関が
余力を失い、国際商業会議所は
5兆ドル(540兆円)が

この貿易金融の資金不足によって
どのような影響があるか横森が
解説しました!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 不法移民問題で支持を集めるトランプの手腕

  2. ワンルーム投資の隠された落とし穴

  3. 外資優遇の縮小によるフィリピン経済への影響

  4. 中共的管理社会を目指す世界(EUと中国の投資協定合意で読み取れる未来と…

  5. 「ビットコインは95%偽装取引」の噂の真相

  6. なぜ仮想通貨マイニング事業が急成長するのか? 

  7. 米大統領選の激戦4州、テキサス州に猛反論 投票無効を求める訴訟で

  8. 新型コロナを予言した『ある』大学の裏話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ