貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

貿易取引を支えるトレードファイナンス
(貿易金融)の不足が世界経済の
新たなリスクになりつつあります。

新型コロナウイルスの感染拡大で
担い手だったグローバル金融機関が
余力を失い、国際商業会議所は
5兆ドル(540兆円)が

この貿易金融の資金不足によって
どのような影響があるか横森が
解説しました!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 持ち家は危険! 限界点に達しつつある日本の不動産

  2. 狂気的に融資する銀行の狙いとは?

  3. 不法移民問題で支持を集めるトランプの手腕

  4. 下落はじまる東南アジアの不動産市場

  5. 適正にリスクを判断して保険で損しない方法

  6. 日米貿易交渉の行方:TPPかFTAか?

  7. 中国、対米大豆の輸入減少…米中対立の行方と穀物市場への影響…

  8. 中国で仮想通貨監督強化!プロレス団体のマイニング聖地TX計画

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ