国民が飢え死にしようが関係ない!? 香港通貨利権を巡る英中の思惑

中国が香港への統制強化のため
「国家安全法」を施行しようとしています。

それに対して、イギリスは厳しく批判。

しかし

英系銀行であるHSBCと
スタンダードチャータードは「支持」を表明。

 

なぜ、英中対立の様相を呈しているなか、
英系銀行2行は支持を表明するのか?

そこには、利権を巡る大人の事情がありました。

横森が解説します。

 

【音声内容】

・あと2年で中国傘下となる香港

・表向きは対立している英中。しかし、実際は?

・国民が飢え死にしようが関係ない?

・米ドルのデジタル化が進まない理由

・香港デモもプロレス


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 老後貧困はマイホームからはじまる

  2. 認知症高齢者が大株主になる日本の将来

  3. 史上最大に膨張した債務!信用バブル崩壊はいつくるか?

  4. 50年で世界の資源消費2倍で地球崩壊?

  5. 「米中冷戦」による世界経済への影響とは?

  6. アメリカ法人税、大減税の効果とは?

  7. 『陰謀論』を作った犯人がアメリカで公開されています

  8. 中間選挙がもたらすアメリカ政治の変化とは? 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ