5ヶ月で1070億円荒稼ぎをしたゴールドマンサックス(プロレス系)の秘密

新型コロナの影響により乱高下していた石油価格。

多くの投資家が負ける中、ゴールドマンサックスは、
1〜5月のトレードで10億ドル(約1070億円)を
荒稼ぎしていたことが明らかになりました。

なぜ、ゴールドマンサックスは
莫大な利益をあげられたのでしょうか?

(とはいえ、彼らにとって10億ドルは僅かな金額です。
運用資産1.859兆ドルの巨大企業ですから…)

 

彼らが勝者であり続ける理由、つまり、
プロレス団体との関わりについて横森が解説します。

 

【音声内容】

・投資で勝つにはあらゆるマーケットを見る必要がある

・ゴールドマンサックスの発言から分析すると
仮想通貨は上がるのか?下がるのか?

・金融機関が発表するレポートに書いてあることは
本当なのか、大衆誘導目的なのか

・ゴールドマンサックスとユダヤ金融資本との繋がり

・一般人は決して勝てない世界


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 米企業の国外資金への課税強化が為替に影響を与えるワケ

  2. サラリーマン大家の危険な罠

  3. 中国共産党の工作員が台湾総統になったら?

  4. 債務不履行の会社が倍増 新型コロナウィルスの影響で

  5. Facebookの正体:一般人の洗脳法

  6. 米大統領選の激戦4州、テキサス州に猛反論 投票無効を求める訴訟で

  7. 急増する新興国のエネルギー需要

  8. イギリスのEU離脱:3つの理由

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ