必要とされる人・削減される人。ダボス会議「グレート・リセット」がもたらす新世界とは?

2021年1月に開催されるダボス会議のテーマは
『グレート・リセット』だと発表されました。

世界のトップ中のトップが集まるダボス会議。

そこで、『グレート・リセット』が
テーマとなった意味とは何なのでしょうか?

この意味を考えることで、

これからの時代「求められる人」と
「削減される人」が見えてきました。

 

【音声内容】

・食べられれば良い社会へ

・無駄なものが淘汰される時代

・銭に意味がなくなる社会

・世界のトップ中のトップが求める人材

・先生1人で1億人を教える時代

・才能ある人にお金ではないものが入ってくる

・財産の一番良い使い方


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 大豪邸に住む大地主の『苦悩』

  2. 落ちぶれる日本経済、日本人が生き残る術とは?

  3. アメリカを操る外交戦略家がみるトランプ政権

  4. 新型コロナ危機後の世界…イスラエル歴史学者の予言とは?

  5. 密かに世界金融を動かす国際金融機関とは?

  6. *仕手筋に注意*チャートがわかる人ほど騙されるビットコイン相場

  7. 収入格差=遺伝:AI時代を生き残る人材とは?

  8. 世界大恐慌のサバイバル術!田舎移住のススメ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ