必要とされる人・削減される人。ダボス会議「グレート・リセット」がもたらす新世界とは?

2021年1月に開催されるダボス会議のテーマは
『グレート・リセット』だと発表されました。

世界のトップ中のトップが集まるダボス会議。

そこで、『グレート・リセット』が
テーマとなった意味とは何なのでしょうか?

この意味を考えることで、

これからの時代「求められる人」と
「削減される人」が見えてきました。

 

【音声内容】

・食べられれば良い社会へ

・無駄なものが淘汰される時代

・銭に意味がなくなる社会

・世界のトップ中のトップが求める人材

・先生1人で1億人を教える時代

・才能ある人にお金ではないものが入ってくる

・財産の一番良い使い方


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 仮想通貨の利益は雑所得に!本気をだす国税

  2. 中間選挙がもたらすアメリカ政治の変化とは? 

  3. 海外不動産の節税法がなくなる!?

  4. 石油暴落を目論むロシア!プロレス団体への逆襲!?

  5. 中小企業の大廃業時代の生き残り方

  6. 金利なしで過去最高の預金残高が物語る日本経済

  7. 非課税になる投資優遇制度に騙されるな!

  8. ゴミ金融商品の評価指標は顧客本位になるのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ