香港の通貨制度が2022年に変わる?通貨発行権を巡る英中対立!

2020年の全国人民代表大会で、
反体制的な言動を取り締まる

「国家安全法」

が香港への導入に関する決定が
採択されました。

この動きを受けてイギリスは、
「一国二制度」に反するとして中国に警告。

しかし・・・

当初からイギリスと中国の間では、
香港の通貨制度を2022年に
変更する取り決めがされており、

それを分かっているはずのイギリスが
警告を発するのはおかしいのですが…。

 

実質、「マル秘メモ」のような
内容になってしまいましたが、
香港の通貨発行権について、横森が解説します。

 

【音声内容】

・2022年:香港ドル→人民元へ

・香港の通貨発行権を8割握るロスチャイルド系

・中国は誰が作ったのか?

・デジタル人民元を実験中

・「デジタル人民元」と「デジタル◯◯」


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 崩壊危機の韓国から学ぶべき教訓

  2. 日銀:賃貸住宅市場に異例の警鐘:隠された思惑とは?

  3. 8億人が仕事を失う人工知能時代にどう生き残るのか?

  4. ドイツ地方選挙から見えるEUの行方

  5. 日本3大リスクは回避不可能か?

  6. 静かに忍び寄る団塊世代の貧困時代

  7. 中央銀行デジタル通貨の近未来

  8. 破綻間近!地銀の粉飾に金融庁が警鐘した!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ