上場企業のマイニング事業撤退から学ぶ、小資本の個人でもマイニングで利益を出す方法

大規模なマイニング施設を展開していた
HyperBlock Inc.(株式上場企業)が
採掘事業から撤退し破産申請をしています。

撤退の主要因
ビットコイン半減期の影響とのことですが、

一方で、

HyperBlock Inc.に比べて小資本の横森は
半減期を経た現在も、マイニング事業で
利益を出し続けています。

なぜ大資本の企業が撤退しているにも関わらず、
横森は利益を出し続けているのでしょうか?

 

マイニング成功の秘密は、

資金力ではなく
「やり方の差」であることを
横森が解説します。

 

【音声内容】

・マイニング事業は稼げる?稼げない?

・小資本の個人が大資本の企業に勝つマイニング戦略

・年収1000万円レベルの優秀なエンジニアを
たった60万円で雇う方法

・「半減期」とは何か?

・なぜ横森は、半減期の影響で収入が
半分どころか3分の1に減ってしまったのか?

・収入が3分の1になっても利益を出せている理由


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 伝統金融機関、仮想通貨への見解の変化を読み取れ!

  2. 富裕層に大人気!大恐慌、コロナ鎖国時代で密かに海外に逃げる方法

  3. 『金融政策の終焉報道』の秘密

  4. 24年ぶりの高水準になった有効求人倍率の落とし穴

  5. ダボス会議で語られたブロックチェーンの未来像

  6. 定年後も住宅ローン返済する…衰退期への持ち家の対処方法!

  7. 富裕層になる『マインドセット』とは?

  8. 急増する空き家と日本の未来

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 佳見 山崎
    • 2020年 6月 03日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ