2020年中にデフォルトか?「禁じ手(国債直接購入)」に手を染めたアジア中銀

アジアの新興国各国の中銀は、「禁じ手」である
国債の直接購入『財政ファイナンス』を行いました。

『財政ファインス』は、日本では
極端なインフレを招く恐れがあるとして、
財政法5条で“原則禁止”とされている手段です。

つまり、

アジア新興国はインフレを起こし、
近い将来デフォルト(債務不履行)に陥る
可能性が高まっているということです。

 

禁じ手「財政ファイナンス」によって、
アジア新興国にいつ頃何が起きるのか?

横森が予測します。

 

【音声内容】

・なぜアジア各国は「禁じ手」に手を染めたのか?

・インフレになりやすい国、なりにくい国

・フィリピン通貨ペソ大暴落?

・新興国中心にデフォルトの予兆

・2020年何月まで耐えられるのか?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. キャッシュレス社会 vs 低所得者層

  2. 基軸通貨米ドルから仮想通貨へ変わるシナリオ

  3. 預金急増、融資滞る。米銀に起きる異変とは?

  4. 日銀の出口戦略は粉飾決算

  5. 海外勢の日本国債保有、過去最高!外資資金調達の裏側

  6. マイナンバー普及策と未来の国民管理体制

  7. トランプ政権の政策シナリオライター(実名付き)

  8. 地方銀行の破綻に備えよ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ