ロシアから欧州へのパイプライン事業を潰すアメリカ:真の目的とは?

バルト海底を経由してロシア沿岸部と
ドイツを結ぶガスパイプライン
「ノルドストリーム2」事業の申請が
ドイツ当局によって却下されました。

自国天然ガスを欧州に推し進めたい
アメリカによる経済制裁が
影響したと見られています。

ロシア vs アメリカ

の対立構造によってプロレス団体の
真の目的について横森が解説しました!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 次世代のグローバル化ビジネスとは? 

  2. サラリーマン大家がババを掴む理由

  3. 世界大不況!あなたが保有すべき資産とは?

  4. IT投資不足、AIビジネスに日本は乗り遅れる?

  5. TwitterとFacebookこそが社会混乱の元凶?プロレス団体に都…

  6. 「米中冷戦」による世界経済への影響とは?

  7. ビットコイン10万社受け入れ!仮想通貨の近未来とは?

  8. 初心者でも失敗しない投資のリスク管理法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ