ロシアから欧州へのパイプライン事業を潰すアメリカ:真の目的とは?

バルト海底を経由してロシア沿岸部と
ドイツを結ぶガスパイプライン
「ノルドストリーム2」事業の申請が
ドイツ当局によって却下されました。

自国天然ガスを欧州に推し進めたい
アメリカによる経済制裁が
影響したと見られています。

ロシア vs アメリカ

の対立構造によってプロレス団体の
真の目的について横森が解説しました!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 長生きで貯金0円の恐怖、資産運用の考え方を変えよ!

  2. 海外日本食ブームで成功できる!に要注意です

  3. 突然やってくる日本破綻の流れ

  4. 社会は滅亡する!コロナショックに潜む最大のリスクとは?

  5. 大不祥事企業をバフェットが買い増す理由

  6. 地政学リスクと石油相場の本当の関係性

  7. 高成長が期待できるインド:現地の生情報

  8. フィリピン外資優遇か、閉め出しか?規制緩和の矛盾 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ