2023年にスイスの国際機関が仕掛ける経済崩壊スイッチ

コロナ感染拡大で経済が
急速に悪化する中、日銀は
追加の金融緩和策を決定しました。

長期金利の上昇を抑えるため
国債を制限なく必要な量を
購入できるようになりました。

国の財政や企業の
資金繰りを支えコロナ不況は
乗り越えられそうですが
問題はコロナ収束後です。

実はコロナ収束後に起きる
スイスの『ある』国際機関が
経済崩壊スイッチをONにし
恐慌に向かうと横森は解説します。

その衰退期の前期から後期に
転換する2023年シナリオを
具体的に詳しく解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 日銀、物価上昇率2%の『偽』目標

  2. 新型コロナ危機後の世界…イスラエル歴史学者の予言とは?

  3. 急速に進む円高、どうなる今後の円相場?

  4. 稼ぐ女性ほど結婚できない現実

  5. イラン通貨、1万分の1デノミ法可決!日本の未来は?

  6. インフラ投資の落とし穴

  7. 米、パキスタンに「同盟剥奪」に関わる裏話

  8. 海外勢の日本国債保有、過去最高!外資資金調達の裏側

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ