世界が中国を敵国とする理由!反グローバル化の近未来予想

台湾でパスポートから「CHINA」を
削除すべきという声が高まっている。

「海外で中国人と誤解されたくないため」
というのが最大の理由で台湾人の
7割以上が支持しているそうです。

これは新型コロナで誤解されるだけでなく
世界中で『反中国』への流れになっている。

なぜ反中国なのか?そして今後の具体的な
シナリオについて横森が解説しました!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 『イギリス離脱ショック』がもたらす世界の大転換期とは?

  2. リースが消える?中小企業大打撃の訳

  3. 愚策となるタックスヘイブンへの租税回避策

  4. マイニング事業に投資するSBI北尾氏のビジョン

  5. 「フィリピン経済は崩壊寸前です」現地報告と問題点を解説!

  6. 新型コロナでビットコインか金か?襲い掛かる投げ売りの恐怖!

  7. マイナンバー普及策と未来の国民管理体制

  8. 中東政策はアメリカよりロシアが主役か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ