世界の紙幣がタンス預金に消える謎

金融緩和によって中央銀行が
紙幣を大量に発行しています。

にもかかわらず現金が
地球上から消える現象…

一体、紙幣はどこに消えたのか?

たんす預金が増えている可能性と
そして一般人の思考の矛盾に
ついて考えました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 日本が買われる!?「1兆円ファンド始動」外資マネー殺到の真実…

  2. 総裁選の結果次第で株価に1万円以上の差か。期待感で株高円高

  3. 20年以内に日本の労働人口の半分が人工知能に奪われる100職業

  4. どうなる日本の不動産?絶対に避けられない地価崩壊!

  5. ITを使わなければ企業は潰れる

  6. 終戦前にも言われていた『国債=国民の借金』

  7. 『陰謀論』を作った犯人がアメリカで公開されています

  8. 不良債権処理を始めた地方銀行の時限爆弾

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ