超健全財政のロシアは強いのか?

ロシア経済は強いのか、弱いのか?

2019年は1%台の低い成長率に終わると
言われていますが、対外債務は低く、
外貨準備は拡大。経常収支も財政も黒字。

財政は健全化し、経済成長は低い。

今のロシア経済を横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. NYに「トークン不動産」ブロックチェーンの未来

  2. その老朽化直せません!どうなるマンション不動産?

  3. タワーマンションの不動産バブルはいつ崩壊するか?

  4. 『ある』特殊要因によるGDPプラス成長の訳

  5. 賃金上昇に変化、インフレの日は近い日本

  6. 「現代金融理論」で脚光!財政赤字拡大路線の裏側

  7. 【サバイバル】倒産急増の観光地を買うべき理由

  8. 亡国法案「改正銀行法」の脅威!日本が外資の“草刈り場”へ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ