大統領選と支配構造(プロレス)の関係

来年の米大統領選の民主党の候補指名を目指す
エリザベス・ウォーレン議員が注目されています。

支持率トップを争うウォーレン氏は大企業の分割、
不公平な再配分を主張する「極左派思想」が警戒される中
今後の大統領選の展開はいかになるか?

大統領選の歴史とプロレス的背景を
横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 『金融政策の終焉報道』の秘密

  2. サウジ沖のイランタンカー攻撃:中東戦争への仕掛け?

  3. インフラ投資の落とし穴

  4. 人工知能を活かせる人材になれるか?

  5. 4分の1がマイナス金利となる債券バブルの行く末とは?

  6. ビットコインに手を出すな!?

  7. 米韓、駐留経費交渉の行方

  8. 波乱の資本主義社会への近未来予測

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ