大統領選と支配構造(プロレス)の関係

来年の米大統領選の民主党の候補指名を目指す
エリザベス・ウォーレン議員が注目されています。

支持率トップを争うウォーレン氏は大企業の分割、
不公平な再配分を主張する「極左派思想」が警戒される中
今後の大統領選の展開はいかになるか?

大統領選の歴史とプロレス的背景を
横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 高額法人税制度は日本を滅ぼす

  2. ドル連動の仮想通貨は国際通貨となるか?

  3. 世界経済に影響を与える中国の政策変更

  4. 海外事業で成功するための『アムンゼン南極冒険の法則』

  5. 現代貨幣理論と南海トラフ地震の密かな関係

  6. 新興国の資金援助「IMFか中国か」 どちらが賢明?

  7. 『決定』しているインド経済成長

  8. リーマンショック級!?ジャンク債市場に要注目

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ