米大物投資家 仮想通貨マイニングに出資するワケ

ビットコインの値動きが激しい中、
仮想通貨は危ないイメージがあります。

GMO、DMMなど日本大手企業が撤退し
マイニング事業は危ないと考える人は多いです。

「マイニングは危険!」
「儲からない!」

そう考える日本人は多い中、
アメリカでは大物投資家が
マインング事業に参入しています。

アメリカでは何を見据えて
マイニング事業に取り組んでいるのか
横森が解説しました!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 世界一のワクチン医師・ビルゲイツに纏わる「陰謀論 vs 事実論」とは?…

  2. 安倍首相のゴルフ外交、『親密』日米関係の行方

  3. 世界経済に影響を与える中国の政策変更

  4. 地方自治体の半数が消滅する日本社会をどう生き抜く?

  5. 『同一労働同一賃金制度』で格差が広がる?

  6. 脱原発で恩恵を受ける産業

  7. 儲からない投資信託を選ばされる推奨法に騙されるな!

  8. 過去4度起きた国債急落、歴史は繰り返す!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ