3年連続の「想定外」自然災害で損害保険会社が危ない?

台風19号は東日本地域で50以上の河川の
堤防が決壊するなど、大きな水害をもたらしました。

水没した家屋の補償など被災者の
生活再建に向けて、損害保険各社が
対応に追われる中で、じわじわと
浮かび上がってくる一抹の不安があります。

損保が数十年に1度としていた
「想定外」が3年連続で起きた
災害が経済にどのような影響を
与えるのか?横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 欧州、脱プラスチックの隠された影響とは?

  2. 政府デジタル化推進によって起こる超管理社会…あなたはどう生…

  3. デキるやつほど起業する?大企業の見限った日本の若手エリートたち

  4. トランプの閣僚人事で見る未来予想図

  5. ハイパーインフレが起こる?金融バブルの先に待っている恐怖の「カネ詰まり…

  6. ドイツ銀行が破綻する爆弾訴訟リスク

  7. イラン危機の裏シナリオ

  8. 「ビットコインは95%偽装取引」の噂の真相

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ