サウジ沖のイランタンカー攻撃:中東戦争への仕掛け?

サウジアラビア西部の紅海で、
イラン国営石油(NIOC)が所有する
石油タンカーが爆発、炎上しました。

先月にはサウジの石油施設の攻撃事件が
ありましたが今後のサウジとイランの対立が
さらに悪化する可能性があります。

中東情勢が悪化する中で、この仕業は
『誰の』意向なのかの裏読みしました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 最新!大手資産運用会社が参入するマイニング事業の未来!

  2. 経済特区に新規参入する成功法

  3. なぜビル・ゲイツ氏は米国最大の農地保有者なのか

  4. 次世代のグローバル化ビジネスとは? 

  5. 「仮想通貨の収益はバレない?」に要注意!

  6. アジアを動かす『ある』団体の正体

  7. リースが消える?中小企業大打撃の訳

  8. 留学渡航先5位になったフィリピン、海外留学のススメ 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ