サウジ沖のイランタンカー攻撃:中東戦争への仕掛け?

サウジアラビア西部の紅海で、
イラン国営石油(NIOC)が所有する
石油タンカーが爆発、炎上しました。

先月にはサウジの石油施設の攻撃事件が
ありましたが今後のサウジとイランの対立が
さらに悪化する可能性があります。

中東情勢が悪化する中で、この仕業は
『誰の』意向なのかの裏読みしました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 金融緩和での日本株バブルはいつまで続くのか?

  2. 中国の試練:中国はどう乗り越えるのか?

  3. 24年ぶりの高水準になった有効求人倍率の落とし穴

  4. 金利上昇時代の隠された意図と対応策

  5. アメリカを操る外交戦略家がみるトランプ政権

  6. 仕事への情熱を失った日本人が生き残る道 

  7. 国務省幹部の辞職から読むトランプ政権の隠された狙い

  8. 密かに世界金融を動かす国際金融機関とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ