日本は後進国と認める勇気…

「ジャパン・アズ・ナンバーワン」

「低価格で高品質」の日本は
90年代後半から1人当たりの
GDPは主要国トップになりました。

しかし、一人当たりのGDPは
主要国トップにもかかわらず
労働生産性は最下位という
矛盾が生じています。

「ジャパン・アズ・ナンバーワン」

になった一つのカラクリを
分析すると共に日本の本当の
実力について解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 日本の医師の半数『医療崩壊する』

  2. 日本のコシヒカリを爆買いする謎の動き…

  3. 中国、米国債売却でドル崩壊?

  4. 国が狙う休眠預金の没収

  5. 使用量85%減のビットコインはなぜ生き残るのか?

  6. 上司、部下なしの企業は成功できるのか?

  7. 急増する空き家と日本の未来

  8. 中間選挙がもたらすアメリカ政治の変化とは? 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ