4分の1がマイナス金利となる債券バブルの行く末とは?

世界の債券市場が異常です。

利回りがマイナスの債券残高は
全体の約4分の1を占めます。

マイナス金利は貸し手が金利を
負担する異常な状態ですが、
今後の債券市場はどうなるのか?

横森がズバり解説しました!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 人生を不幸にする安易なアパート建設に要注意!

  2. 住宅価格だけ上昇する異質インフレのアメリカ

  3. 使用量85%減のビットコインはなぜ生き残るのか?

  4. 国民年金改正法案を巡る与野党の茶番劇

  5. 外貨を稼げなくなった東南アジアの国家破綻シナリオを考える

  6. ソフトランディング政策を解禁した中国の先行き

  7. 西側諸国に接近するインド外交にまつわる裏話

  8. 破綻間近!地銀の粉飾に金融庁が警鐘した!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ