4分の1がマイナス金利となる債券バブルの行く末とは?

世界の債券市場が異常です。

利回りがマイナスの債券残高は
全体の約4分の1を占めます。

マイナス金利は貸し手が金利を
負担する異常な状態ですが、
今後の債券市場はどうなるのか?

横森がズバり解説しました!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 年間220兆円の不法取引:金融界の未来

  2. バフェット流が通用しなくなったワケ

  3. OPEC石油生産の減産合意がもたらす石油価格の行方とは?

  4. 新車、全て電動車に 30年代半ば目標

  5. インデックスファンドの落とし穴

  6. 最大の災害リスク国 フィリピンでのリスク管理法

  7. 1946年の預金封鎖の現実

  8. 貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ