金融にかけるバフェット、真の狙いとは?

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は
金融サービス銘柄に大きく賭けています。

金融サービスに対して時価総額の
5分の1に相当する株を保有する
ことになります。

今後、信用収縮の流れになれば
金融は安定した収益をもたらす
保証はありません。

それでもバフェットがここまで
金融株にかけるのは何か
裏があるとしか思えません。

バフェットが金融を牛耳る
裏読みをしました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 定年後も住宅ローン返済する…衰退期への持ち家の対処方法!

  2. コロナ後に成長する3インフラとは!中国が推進する経済起爆剤に注目!

  3. 5ヶ月で1070億円荒稼ぎをしたゴールドマンサックス(プロレス系)の秘…

  4. サウジが仕掛ける原油価格戦争の真相

  5. 地方自治体の半数が消滅する日本社会をどう生き抜く?

  6. 老人貧困率9割社会から身を守る方法

  7. コインチェックがぼろ儲けした相対取引の裏話

  8. 中小企業の大廃業時代の生き残り方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ