金利上昇で企業が連鎖破綻する危険な地域

借金の利払いを利益では
賄えない「ゾンビ企業」
が増えているようだ。

支払い利息が営業利益を3年連続で
上回る企業のことを「ゾンビ企業」
という。

世界的に低金利が続く中で、
急激な金利上昇となれば
たちまちゾンビ企業は破綻する。

そのゾンビ企業が多い地域は
連鎖破綻が懸念されますが、
そのゾンビ企業の時限爆弾は
どこに存在するのか?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 国務省幹部の辞職から読むトランプ政権の隠された狙い

  2. 地銀の越境融資拡大!地方の崩壊危機

  3. 大手金融商品、一夜で96%暴落!

  4. 非課税になる投資優遇制度に騙されるな!

  5. モンサントを買収して倒産危機に陥る製薬会社バイエルの悲劇!

  6. 日本経済壊滅させる巨大リスクとは?

  7. 国債暴落?「節税保険」解約ラッシュ、保険会社の経営悪化が生む波紋

  8. 金融緩和を支持する日本人は愚民である

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ