金利上昇で企業が連鎖破綻する危険な地域

借金の利払いを利益では
賄えない「ゾンビ企業」
が増えているようだ。

支払い利息が営業利益を3年連続で
上回る企業のことを「ゾンビ企業」
という。

世界的に低金利が続く中で、
急激な金利上昇となれば
たちまちゾンビ企業は破綻する。

そのゾンビ企業が多い地域は
連鎖破綻が懸念されますが、
そのゾンビ企業の時限爆弾は
どこに存在するのか?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. スペイン、カタルーニャ独立問題2つのシナリオとは?

  2. カジノ業界、資金洗浄の規制と次世代の通貨システム 

  3. 「現金は紙くず」上場企業がビットコインに賭ける時代

  4. ドイツ銀行が破綻する爆弾訴訟リスク

  5. 地銀の越境融資拡大!地方の崩壊危機

  6. 4分の1がマイナス金利となる債券バブルの行く末とは?

  7. サウジ沖のイランタンカー攻撃:中東戦争への仕掛け?

  8. 日本ではなく海外で稼げ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ