フィリピン:ペソ連動コイン発行の教訓

フィリピン大手銀行が独自の
ステーブルコイン発行をしました。

フィリピンでは初のブロックチェーンを
採用したコイン発行となります。

これまでフィリピンでも仮想通貨の
ICOで儲け話がありましたが、
結局は上場後暴落しました。

今回のニュースの教訓は
偽コインと本物コインの
見極めが可能になります。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. インドのモディ首相、パキスタン電撃訪問の『裏話』

  2. 仮想通貨急落でもマイニング事業が儲かる訳

  3. ダウンピング調査に潜む中国の狙い

  4. ゴーン氏逮捕:陰謀論の真相

  5. 人工知能時代でも勝ち残る職種

  6. 究極の監視社会の未来像 

  7. 「GAFA」を使いこなせば稼ぐ人間になれる理由

  8. 2020年、不況はなぜ起こるのか? 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ