フィリピン:ペソ連動コイン発行の教訓

フィリピン大手銀行が独自の
ステーブルコイン発行をしました。

フィリピンでは初のブロックチェーンを
採用したコイン発行となります。

これまでフィリピンでも仮想通貨の
ICOで儲け話がありましたが、
結局は上場後暴落しました。

今回のニュースの教訓は
偽コインと本物コインの
見極めが可能になります。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 不法移民問題で支持を集めるトランプの手腕

  2. IEAの原油月報の真相

  3. 中国大気汚染が世界インフレを招く

  4. バブル弾けるアジア不動産、狙うべき不動産投資とは?

  5. 本格的バブル崩壊のタイミング 世界経済は市場崩壊に耐えられるのか?

  6. ロシアから欧州へのパイプライン事業を潰すアメリカ:真の目的とは?

  7. 将来の日本の姿…フランスでコ●ナ罰金導入へ

  8. 富裕層になる『マインドセット』とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ