フィリピン:ペソ連動コイン発行の教訓

フィリピン大手銀行が独自の
ステーブルコイン発行をしました。

フィリピンでは初のブロックチェーンを
採用したコイン発行となります。

これまでフィリピンでも仮想通貨の
ICOで儲け話がありましたが、
結局は上場後暴落しました。

今回のニュースの教訓は
偽コインと本物コインの
見極めが可能になります。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 金融緩和を支持する日本人は愚民である

  2. 不良債権処理を始めた地方銀行の時限爆弾

  3. 財務省の海外法人税逃れ課税策の対策

  4. 富裕層が恐れる!航空業界の破綻が招く金融危機

  5. ゴミ金融商品の評価指標は顧客本位になるのか?

  6. グリーンディール時代開幕!今後の有望なビジネス!

  7. なぜビル・ゲイツ氏は米国最大の農地保有者なのか

  8. 「円安は景気にいい」は嘘!? 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ