フィリピン:ペソ連動コイン発行の教訓

フィリピン大手銀行が独自の
ステーブルコイン発行をしました。

フィリピンでは初のブロックチェーンを
採用したコイン発行となります。

これまでフィリピンでも仮想通貨の
ICOで儲け話がありましたが、
結局は上場後暴落しました。

今回のニュースの教訓は
偽コインと本物コインの
見極めが可能になります。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 米中軍:南シナ海の対立 VS 大西洋の合同演習

  2. 日本の医師の半数『医療崩壊する』

  3. ソフトランディング政策を解禁した中国の先行き

  4. インターネットで情報操作されている真の理由(ヒント:政府じゃないです)…

  5. 「1億貯めて年4%で人生安泰!」米国流FIREを目指す人は地獄に落ちる…

  6. 新型コロナ危機後の世界…イスラエル歴史学者の予言とは?

  7. アジアで拡がる商用不動産の変化

  8. 日本経済を左右する石油価格の行方とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ