年金に依存する国民は貧乏になる

「100年安心」

2004年、国会は厚生労働省の年金改革法案は
「大きな手直しはもう必要ない」を売りにしました。

法案のコンセプトは100年安心プラン。

今となっては否定されました。

当たり前ですが、年金に頼っては
不幸になるのは自明です。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. トルコ軍のシリア侵攻:米露の裏にある本当のシナリオとは?

  2. パパの会社潰れちゃうの?中小企業に降りかかるエゲツない試練

  3. 4分の1がマイナス金利となる債券バブルの行く末とは?

  4. 虚偽・陰謀論がはびこる“新しいマスコミ”SNS

  5. イギリスEU離脱で恩恵を受ける国

  6. イギリスがEUを激怒!英連邦の新経済圏の行方とEUに未来はあるか?

  7. 予言的中!慈善家ビルゲイツ氏の功績と近未来像

  8. ファイザーCEO「新V開発」100日に1回V接種社会へ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ