中国、米国債売却でドル崩壊?

5月半ば、中国が米国債を売っていたことが
明らかになった時、米国債市場が動揺しました。

 売却額は1か月間でわずか205億ドル。

売却額は大きくはなかったでしたが、
もし中国が米国債を売却したら
大変な影響があると懸念されます。

今後の米ドル支配の行方について
横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 「夢のマイホーム」神話は無謀!

  2. 2020年どうなる? 通貨!

  3. 米中貿易戦争の真の勝者

  4. コインチェックがぼろ儲けした相対取引の裏話

  5. 住宅価格だけ上昇する異質インフレのアメリカ

  6. 富裕層が恐れる!航空業界の破綻が招く金融危機

  7. 米、ミャンマー制裁の裏読み

  8. 世界最強パスポートをもつ日本人を活かしましょう!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ