中国共産党の工作員が台湾総統になったら?

台湾の大実業家、郭台銘(テリー・ゴウ)が国民党の
総統候補選びの予備選挙に4月17日に出馬表明しました。

実は彼、中国の工作員と噂されるほど
中国共産党とのパイプが強い。

もし彼が国民党総統に選ばれれば
台湾総統に選ばれる可能性があり
今後の台湾の統一か独立かで
大きく影響を与えそうです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 国民が飢え死にしようが関係ない!? 香港通貨利権を巡る英中の思惑

  2. ブロックチェーン人材の求人数で見える仮想通貨の未来

  3. イスラエル「ユダヤ人国家」に隠された真相 

  4. 爆買い終了で閑古鳥が鳴く高級デパートの惨状とは?

  5. 大手金融商品、一夜で96%暴落!

  6. 外国投資が半減!フィリピン経済の行方

  7. 『財政破綻願望』する財務省官僚の秘密

  8. サウジアラビアが最も恐れるシナリオとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. グレートリセット2023

アーカイブページ