家政婦は国際送金革命家

フィリピンやパキスタンの
出稼ぎ労働者は海外で稼いだ
お金を母国の送金するのが
一般的な習慣です。

海外送金には手数料が
バカ高い。

1円でも手数料を下げるために
使われるのがブロックチェーンです。

日本ではほとんど使われない
仮想通貨が家政婦がいる海外では
頻繁に使われているようです。

このような動きをみても
今後のブロックチェーンの
動きが注目されます。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 新型コロナ危機後の世界…イスラエル歴史学者の予言とは?

  2. グレートリセットを目的とした中国経済最大のリスク

  3. 日本は資本主義の終焉モデル

  4. 途上国の潰れない金融機関の見つけ方

  5. 中国共産党の工作員が台湾総統になったら?

  6. 米企業の国外資金への課税強化が為替に影響を与えるワケ

  7. 中共的管理社会を目指す世界(EUと中国の投資協定合意で読み取れる未来と…

  8. マイニング事業に投資するSBI北尾氏のビジョン

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ