アメリカ現代貨幣理論の支持拡大がもたらす未来

アメリカで債務拡大を主張する
MMT(現代貨幣理論)が
受け入れられています。

「インフレにならない限り、
財政赤字をどれだけ膨らませても
問題ない」

アメリカのこの動きは
プロレス的にどう解釈すべきか?

横森が今後の経済を見据えながら
解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 国民が飢え死にしようが関係ない!? 香港通貨利権を巡る英中の思惑

  2. ITを使わなければ企業は潰れる

  3. 租税回避策の開示義務化で怪しい節税に要注意!

  4. 成長期待のインドで迫る金融危機!

  5. 狂気的に融資する銀行の狙いとは?

  6. フィリピン企業の半数が不正被害!犯罪の具体的手口とは?

  7. ゴーン氏逮捕:陰謀論の真相

  8. 『財政破綻願望』する財務省官僚の秘密

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 佐藤 巧
    • 2019年 4月 27日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ