IMFと世銀がブロックチェーンに乗り出した意味とは?

IMF(国際通貨基金)と世界銀行が共同で
プライベート・ブロックチェーンと
「ラーニング・コイン」を立ち上げた。
つまり、IMFと世界銀行が
仮想通貨の研究を始めたことですが、
その意味について横森が解説しました。

このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 富裕層に大人気!大恐慌、コロナ鎖国時代で密かに海外に逃げる方法

  2. 安倍首相、矛盾だらけの所信表明

  3. インド:税制整備を整え外資参入への期待

  4. その老朽化直せません!どうなるマンション不動産?

  5. 世界支配層に反旗を翻すフィリピンの行方

  6. アジア世界最大の自由貿易圏の誕生の裏側(プロレス的に解説!)

  7. 米大物投資家 仮想通貨マイニングに出資するワケ

  8. なぜ仮想通貨マイニング事業が急成長するのか? 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ