IMFと世銀がブロックチェーンに乗り出した意味とは?

IMF(国際通貨基金)と世界銀行が共同で
プライベート・ブロックチェーンと
「ラーニング・コイン」を立ち上げた。
つまり、IMFと世界銀行が
仮想通貨の研究を始めたことですが、
その意味について横森が解説しました。

このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 「夢のマイホーム」神話は無謀!

  2. 『不平等』は富裕層の繁栄をもたらす理由

  3. 富裕層が恐れる!航空業界の破綻が招く金融危機

  4. 人工知能は投資必勝法を確立できるのか?

  5. 「フィリピン経済は崩壊寸前です」現地報告と問題点を解説!

  6. 家政婦は国際送金革命家

  7. 投資信託の押し売り禁止!

  8. デキるやつほど起業する?大企業の見限った日本の若手エリートたち

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ