IMFと世銀がブロックチェーンに乗り出した意味とは?

IMF(国際通貨基金)と世界銀行が共同で
プライベート・ブロックチェーンと
「ラーニング・コイン」を立ち上げた。
つまり、IMFと世界銀行が
仮想通貨の研究を始めたことですが、
その意味について横森が解説しました。

このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 不動産サブリースの罠:騙された投資家が悪い? 

  2. 東南アジア不動産:着目するターゲット層の変化! 

  3. 留学渡航先5位になったフィリピン、海外留学のススメ 

  4. トルコで暗号資産の決済利用禁止!仮想通貨の未来とは?

  5. コインチェックがぼろ儲けした相対取引の裏話

  6. 中央銀行デジタル通貨の近未来

  7. 仮想通貨投資を推奨する米年金コンサル企業

  8. 2020年中にデフォルトか?「禁じ手(国債直接購入)」に手を染めたアジ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ