キャッシュレス社会 vs 低所得者層

米国で買い物や飲食の代金支払いに
現金を使わないキャッシュレス決済に
反発する動きが広がっているようです。

現金で支払う比率が高い低所得者を
排除しかねないという懸念があります。

低所得者にとってはキャッシュレスは
暮らしにくい社会となりますが
キャッシュレスへの時代の流れを
止める事になるのでしょうか?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 国債先物取引:海外勢54%、海外投資家の真の狙いとは?

  2. 初心者でも失敗しない投資のリスク管理法

  3. 世界最強パスポートをもつ日本人を活かしましょう!

  4. 現代貨幣理論と南海トラフ地震の密かな関係

  5. 東南アジア、躍進する経済特区の見分け方

  6. 大統領発言に揺れるフィリピンペソをどう見る?

  7. 認知症高齢者が大株主になる日本の将来

  8. 【サバイバル】倒産急増の観光地を買うべき理由

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ