キャッシュレス社会 vs 低所得者層

米国で買い物や飲食の代金支払いに
現金を使わないキャッシュレス決済に
反発する動きが広がっているようです。

現金で支払う比率が高い低所得者を
排除しかねないという懸念があります。

低所得者にとってはキャッシュレスは
暮らしにくい社会となりますが
キャッシュレスへの時代の流れを
止める事になるのでしょうか?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. パナマ文書から学ぶ絶対にやってはならない教訓

  2. 『麻薬密売人を虐殺』する新フィリピン大統領への期待

  3. 「現代金融理論」で脚光!財政赤字拡大路線の裏側

  4. 収入格差=遺伝:AI時代を生き残る人材とは?

  5. 「滅びる日本」であなたがやるべきこと!

  6. 北朝鮮ミサイルが発射され円高になる本当の理由

  7. 人生を不幸にする安易なアパート建設に要注意!

  8. 終戦前にも言われていた『国債=国民の借金』

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ