1万円廃止論の裏側

ハーバード大学の著名教授が
日本に対して1万円廃止論を
提唱しました。

キャッシュレスが進まない
日本特有の現金主義を
解決するための提案です。

高額紙幣を廃止することで
不便にさせ、便利なスマホ決済
をさせたい目論見があります。

なぜキャッシュレスが重要なのか?

横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 天然ガス争奪戦勃発!?21年冬に待ち受けている最悪シナリオ

  2. インデックスファンドの落とし穴

  3. 崩壊危機の韓国から学ぶべき教訓

  4. 年金破綻であなたができることはあるのか?

  5. 終戦前にも言われていた『国債=国民の借金』

  6. 日銀の株買い6.5兆円の恐怖

  7. 国民が飢え死にしようが関係ない!? 香港通貨利権を巡る英中の思惑

  8. 途上国の潰れない金融機関の見つけ方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ