マンション契約率悪化!不動産バブル崩壊の前兆か?

今年1月、不動産市場に激震が走りました。
12月の首都圏新築マンション契約率が49.4%と、
業界関係者の予想を大幅に下回りました。

いくつかの報道や識者のコラムなどでは
「不動産バブル崩壊か?」という論調が
見られますが日本の不動産の未来とは?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 成功する投資先を一発で見分ける方法

  2. 地政学リスクと石油相場の本当の関係性

  3. 中国人民解放軍を手に入れた習主席の野望

  4. 日本が買われる!?「1兆円ファンド始動」外資マネー殺到の真実…

  5. 『脱時間給』法案:将来求められる人材像とは?

  6. 産業用大麻を合法化! アメリカの未来

  7. 世界最強パスポートをもつ日本人を活かしましょう!

  8. 中国は食糧難?日本にも襲う食糧危機の兆候

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ