マンション契約率悪化!不動産バブル崩壊の前兆か?

今年1月、不動産市場に激震が走りました。
12月の首都圏新築マンション契約率が49.4%と、
業界関係者の予想を大幅に下回りました。

いくつかの報道や識者のコラムなどでは
「不動産バブル崩壊か?」という論調が
見られますが日本の不動産の未来とは?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. フィリピン大統領、米国に「ワクチンを提供しなければ軍事協定を終了する」…

  2. 韓国で「輸出」16.6%減少!間近に迫る韓国破綻タイミング

  3. 銀行法規制緩和 「窓口平日休み」の裏読み

  4. 究極の監視社会の未来像 

  5. 日本の『高齢者人口減少』時代の暗い未来

  6. 上場企業のマイニング事業撤退から学ぶ、小資本の個人でもマイニングで利益…

  7. 2万を越えた限界集落..過疎地域が日本を滅ぼす?

  8. 産業用大麻を合法化! アメリカの未来

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ