海外投資家が日本国債に投資する訳

日本の短期国債の海外保有比率が
初めて7割を超えました。

国債は日本人が
保有しているから
破綻しないと言います。

しかし、日本国債の海外保有者が
右肩上がりに急激に増加しています。

この現実を私たちはどう受け止めれば良いのか?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. アジア世界最大の自由貿易圏の誕生の裏側(プロレス的に解説!)

  2. 究極の監視社会の未来像 

  3. 新車、全て電動車に 30年代半ば目標

  4. バブル弾けるアジア不動産、狙うべき不動産投資とは?

  5. イギリスのEU離脱:3つの理由

  6. 外資優遇の縮小によるフィリピン経済への影響

  7. 史上最大規模の中国水害…投資家視点でチャンスを読み取る数字…

  8. 『腹黒い』仮想通貨取引所の実態

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ