「現代金融理論」で脚光!財政赤字拡大路線の裏側

財政赤字が拡大するアメリカですが
「現代金融理論(MMT)」が
脚光を浴びています。

日本健全論者が主張する
借金拡大理論ですが最近では
アメリカで支持が寄せられています。

アメリカも「借金拡大」「財政健全論」が
注目されていますが、なぜ注目されるのか?

その裏側について横森が妄想しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 世界大不況!あなたが保有すべき資産とは?

  2. 仮想通貨規制発言の真意…これから伸びる仮想通貨とは?

  3. 日銀:賃貸住宅市場に異例の警鐘:隠された思惑とは?

  4. 横森一輝が注目する唯一の仮想通貨

  5. 中国、対米大豆の輸入減少…米中対立の行方と穀物市場への影響…

  6. 『同一労働同一賃金制度』で格差が広がる?

  7. 不動産不況が世界を襲う!

  8. 中国で停電が相次ぐ そのワケは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ