年間220兆円の不法取引:金融界の未来

国連薬物犯罪事務所の調査で
年間220兆円相当の不法な
取引が行われていることが判明。

シティグループや
JPモルガンチェースなどの
大型金融機関も資金洗浄を
許容している実態があります。

マネーロンダリングの
取り締まりが厳しくなりましたが
実はその大きな犯人は
大型金融機関にありました。

資金の透明性を高めるための
未来について考えました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 住宅価格だけ上昇する異質インフレのアメリカ

  2. 官民の革新機構、ベンチャー投資8割失敗の現実

  3. 基軸通貨米ドルから仮想通貨へ変わるシナリオ

  4. バフェット流「割安株投資」は通用しない!? 

  5. 外国投資が半減!フィリピン経済の行方

  6. 日本人が外国人労働者を活用するコツとは?

  7. 買っていい投資信託

  8. 政府デジタル化推進によって起こる超管理社会…あなたはどう生…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ