年間220兆円の不法取引:金融界の未来

国連薬物犯罪事務所の調査で
年間220兆円相当の不法な
取引が行われていることが判明。

シティグループや
JPモルガンチェースなどの
大型金融機関も資金洗浄を
許容している実態があります。

マネーロンダリングの
取り締まりが厳しくなりましたが
実はその大きな犯人は
大型金融機関にありました。

資金の透明性を高めるための
未来について考えました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 大手マイニング事業撤退!でも個人が勝てる理由

  2. 外貨を稼げなくなった東南アジアの国家破綻シナリオを考える

  3. 移民を活用したアメリカ混乱シナリオ

  4. 東南アジア:貿易戦争で成長減速?

  5. 日本経済壊滅させる巨大リスクとは?

  6. 金利上昇時代の隠された意図と対応策

  7. リースが消える?中小企業大打撃の訳

  8. トランプを裏で操る人間

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ