イスラエル「イラン軍拠点を空爆」の裏事情

イスラエル軍はシリアの首都
ダマスカス近郊にあるイランの
軍事拠点を空爆した。

今回の一件はプロレス団体の『ある』
シナリオに向けての一環ですが
なぜ「戦争」させたいのか
その裏事情について開設しました!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情とは?中東情勢のプロレス解説

  2. 普及進まぬキャッシュレスの行方

  3. メキシコ大統領選 新興左派政権になったら・・・

  4. 新興国の深刻なインフレ…世界連鎖破綻へ警戒せよ!

  5. 史上最大に膨張した債務!信用バブル崩壊はいつくるか?

  6. 令和時代の成功に必要な能力(つきたい仕事ランキング)

  7. 地銀が活用する私募投信のメリットとは? 

  8. 日本は資本主義の終焉モデル

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ