OPEC減産合意からみる未来のシナリオ 

石油輸出国機構(OPEC)は
主要産油国との会合で2019年1月から
合計で日量120万バレル減産することで合意。

原油価格は供給量によって決まりますが
OPECの合意内容を見ても
支配者層が企む未来の方向性が見えます。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 激変するベンチャー投資:アジア VS シリコンバレー 

  2. 急増する空き家と日本の未来

  3. マイナンバー普及策と未来の国民管理体制

  4. 滅びゆく日本から脱出せよ!

  5. 資源の供給リスクから見る未来像

  6. 投資ファンドの社会的役割とは?

  7. 世界貿易「スロートレード」時代とは? 

  8. サウジ沖のイランタンカー攻撃:中東戦争への仕掛け?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ