質問1016 投資詐欺を一発で見分ける方法 

【質問】先日次のような話を聞きました。英連邦のタックスヘイブンの地(場所不明)で信託を行い、利益を出すという方法です。この話は本当なのでしょうか?

■仕組み
まず、受託会社に送金。送金したお金は受託会社で運用する。利息は月1%、年間で換算すると12%。運用したお金は受託会社の口座に入金される。利息が100万円貯まると再信託する。結果、複利でお金が貯まっていくというもの。

■詳細
英連邦で信託を行う。(なぜか日本円) 受託会社に18万円を支払い手続きを行う。(租税回避地での法人設立費用含む) 申込書類を作成代行する者が居て、(窓口になっている)1万8000円を支払わないと詳しい事は教えられないという。受託会社の口座情報はネット上で見る事ができる。2年未満で解約した場合は違約金が発生する。利息が100万円が貯まると再信託する(複利)『イギリスの金持ちが代々金持ちなのはこの信託を利用しているからだ』とのことでした。

質問1016 投資詐欺を一発で見分ける方法 

音声ダウンロード(MP3) [12月1日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 猛毒除草剤を買収したバイエルの黒い歴史

  2. 質問1124 新型コロナ、笑いながら喋るな!

  3. 第351回 新興国インフレ:日本経済への影響 

  4. 質問907 何年後を見据えて投資すべきか?

  5. 質問845 「日銀当座預金に債務性がない」という理論を教えてください

  6. 質問888 マイナンバーは資産税の準備か?

  7. 質問1045 ハワイ法人設立は資産保全対策になる?

  8. 第432回収録 コロナ…異常気象…大恐慌前の一…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ