ダウンピング調査に潜む中国の狙い

中国政府は日本メーカー5社の
一部の工作機械に対して
ダンピング調査を始めた。

自国の工作機械メーカーを
保護しようとする見方が
あります。

しかし、特定産業の保護よりも
もう一歩踏み込んむと
『ある』経済政策の裏が
見えてきました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. バフェット信仰の終焉

  2. プロレス大統領トランプ SNSアカウント永久凍結が持つ意味とは?

  3. 新型コロナを予言した『ある』大学の裏話

  4. ブロックチェーン人材の求人数で見える仮想通貨の未来

  5. 稼ぐ女性ほど結婚できない現実

  6. 香港ドルの通貨発行権 米中覇権争いの行方とは?

  7. 富裕層が恐れる!航空業界の破綻が招く金融危機

  8. 世界の全ての国がハイパーインフレになる!?前代未聞シナリオ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ