ゴーン氏逮捕:陰謀論の真相

日産自動車のカルロス・ゴーン氏の
逮捕劇に世界に衝撃を与えましたが
あまりにも無茶な容疑に驚かれています。

逮捕の容疑が「有価証券報告書の虚偽記載」ですが、
報告書を提出するのは会社(日産)です。

なので、ゴーン氏個人が報告したわけではなく
会社なので責任は会社側になります。

にも関わらず、東京地検特捜部は
ゴーン氏を逮捕した訳には
相当な背景が隠されています。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 貧困に陥る専業主婦思想

  2. 中東シナリオの秘密:シリア北部(米軍→ロシア軍)の異例事態

  3. 海外に完敗の日本の『おもてなし』

  4. ロボットより能力ありますか?

  5. 景気を上げるには金利を上げろ!

  6. 外国人労働者受け入れで日本復活?

  7. 東南アジア、躍進する経済特区の見分け方

  8. 米、パキスタンに「同盟剥奪」に関わる裏話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. グレートリセット2023

アーカイブページ