50年で世界の資源消費2倍で地球崩壊?

経済協力開発機構(OECD)は22日、
世界の資源循環を分析。

世界の金属や化石燃料などの
原材料消費量は11年の79ギガトン
から60年に167ギガトンと、
約2倍になると予測しました。

資源需要が高まる背景と
未来について横森が
分析しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 仮想通貨投資を推奨する米年金コンサル企業

  2. 米中武力衝突で日本崩壊リスクを想定せよ!

  3. ロシアから欧州へのパイプライン事業を潰すアメリカ:真の目的とは?

  4. 移民を活用したアメリカ混乱シナリオ

  5. 2020年どうなる?中国!

  6. 資源の供給リスクから見る未来像

  7. 波乱の資本主義社会への近未来予測

  8. バブル弾けるアジア不動産、狙うべき不動産投資とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. グレートリセット2023

アーカイブページ