国税に筒抜けの海外口座40万件

国税庁はOECDの新制度を使い
約50カ国の金融機関から
日本人の口座情報約40万件を
入手したことがわかりました。

これにより国外の口座情報は
国税に筒抜けであり、
もし脱税となれば財産を失う
恐ろしいシナリオとなります。

海外で脱税資産がある場合の
対処法についてお伝えしました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 財政黒字化の目標設定は永遠に先延ばし

  2. 韓国で「輸出」16.6%減少!間近に迫る韓国破綻タイミング

  3. 国債暴落?「節税保険」解約ラッシュ、保険会社の経営悪化が生む波紋

  4. 都心マンションが暴落? マンションバブル崩壊の始まりか?

  5. 狙い撃ちされる富裕層の真の節税対策とは?

  6. スマホにマイナンバー機能搭載に隠された代償

  7. 世界で増加する企業格下げ、今年の秋は要注意!?

  8. メキシコ大統領選 新興左派政権になったら・・・

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ