フィリピン外資優遇か、閉め出しか?規制緩和の矛盾 

フィリピンでは外国投資規制の
緩和する流れが出ています。

つい先日、政権が外資優遇縮小と
していましが相反する方向性が
立てられています。

今回の規制緩和法案の影響について
横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 『金融政策の終焉報道』の秘密

  2. コロナ倒産後に襲う世界食糧危機シナリオ

  3. トランプ政権によるTPP離脱後の仕掛けとは?

  4. 儲からない投資信託を選ばされる推奨法に騙されるな!

  5. ラトビアの金融スキャンダルから見る反ロシア工作

  6. 韓国で「輸出」16.6%減少!間近に迫る韓国破綻タイミング

  7. 海外移住のススメ!移住で考えるべき2つのポイント

  8. 脱原発で恩恵を受ける産業

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ