モルディブ大統領選で親中派敗北、どうなる中国への債務?

モルディブ大統領選挙での
親中派現職の敗北しました。

中国はモルディブに対して
巨額の投融資を実施しましたが
この債権はどうなるのか?

発展途上国と融資する
先進国との間の駆け引き。

今後の展開について
横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ベネズエラが破綻寸前になった本当の理由

  2. 量子コンピューターは仮想通貨を崩壊させるのか?

  3. 波乱の資本主義社会への近未来予測

  4. メキシコ大規模ストライキを仕掛ける裏勢力

  5. 日本のコシヒカリを爆買いする謎の動き…

  6. 中国人富裕層、2つの金持ちとは?

  7. 新NAFTA、日本経済への影響 

  8. 国民が飢え死にしようが関係ない!? 香港通貨利権を巡る英中の思惑

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ