新興国の資金援助「IMFか中国か」 どちらが賢明?

通貨リラ急落による「トルコショック」により
新興国不安の連鎖を生んでいます。

通常、国の経済危機が襲った場合
IMFが資金援助を行うが
最近は中国が新興国の資金面の
後ろ盾になっている。

IMFか中国式か

金を借りるのはどちらにしても
メリット、デメリットが
存在します。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. アメリカによる中国仕掛け?イラン原油貿易での罠

  2. エボラ流行!コロナに代わるパンデミックシナリオ?

  3. 認知症高齢者が大株主になる日本の将来

  4. 世界トップ大学のブロックチェーン人材育成

  5. 新型コロナウィルス予防ワクチン完成!ワクチン開発の裏事情

  6. ミャンマー軍事クーデター発生 アウンサンスーチーの正体

  7. 海外移住のススメ!移住で考えるべき2つのポイント

  8. 石油暴落を目論むロシア!プロレス団体への逆襲!?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ