新興国の資金援助「IMFか中国か」 どちらが賢明?

通貨リラ急落による「トルコショック」により
新興国不安の連鎖を生んでいます。

通常、国の経済危機が襲った場合
IMFが資金援助を行うが
最近は中国が新興国の資金面の
後ろ盾になっている。

IMFか中国式か

金を借りるのはどちらにしても
メリット、デメリットが
存在します。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ロシアから欧州へのパイプライン事業を潰すアメリカ:真の目的とは?

  2. 『陰謀論』を作った犯人がアメリカで公開されています

  3. 1946年の預金封鎖の現実

  4. 海外勢の日本国債保有、過去最高!外資資金調達の裏側

  5. イージスアショア計画停止の真相とは?戦争シナリオの裏読み……

  6. 中間選挙がもたらすアメリカ政治の変化とは? 

  7. 定年後も住宅ローン返済する…衰退期への持ち家の対処方法!

  8. リゾート地グアムが崩壊寸前 これからの観光業はどうなる?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ