不良債権処理を始めた地方銀行の時限爆弾

地方銀行が保有する外国債券の
不良債権処理を始めました。

アメリカの金利上昇により
価値が目減りしたことによって
損失が発生しています。

ただでさえ、融資先がなく
収益を確保できない地方銀行は
苦境に追い込まれています。

外国債の損切りで経営難になる地方銀行には、
危険な時限爆弾を持っていた。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. コロナと戦わない日本に絶望…(でも戦わないことが真の希望)

  2. 東京オリンピック後に起きるもう一つの危機とは?

  3. 米輸出解禁が原油高をもたらすカラクリ!?

  4. 景気を上げるには金利を上げろ!

  5. 「我々がルールだ」世界を牛耳る欧州の脱炭素戦略

  6. 「中国化」によるアジア経済の近未来像

  7. 現代貨幣理論と南海トラフ地震の密かな関係

  8. 深刻な商業施設の廃墟化!変革求められる小売事業の生き残り方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ