フィリピン企業の半数が不正被害!犯罪の具体的手口とは?

フィリピン企業の約半数が過去2年間に何らかの
経済犯罪を経験したことが明らかになりました。

被害にあった企業の不正内容は

資産の横領
業務上の不正
購買に関する不正
会計上の詐欺
贈収賄
消費者による詐欺

フィリピンで事業を運営している横森は
これら全てを経験していました。

フィリピン人が不正をする具体的な手口
について徹底解説!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 人工知能を活かせる人材になれるか?

  2. 究極の監視社会の未来像 

  3. アジアの一国が急成長する理由

  4. ビットコインの後にくる次世代の通貨とは?

  5. ミャンマー軍事クーデター発生 アウンサンスーチーの正体

  6. トランプ政権の政策シナリオライター(実名付き)

  7. 財政黒字化の目標設定は永遠に先延ばし

  8. 1万円廃止論の裏側

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ