フィリピン企業の半数が不正被害!犯罪の具体的手口とは?

フィリピン企業の約半数が過去2年間に何らかの
経済犯罪を経験したことが明らかになりました。

被害にあった企業の不正内容は

資産の横領
業務上の不正
購買に関する不正
会計上の詐欺
贈収賄
消費者による詐欺

フィリピンで事業を運営している横森は
これら全てを経験していました。

フィリピン人が不正をする具体的な手口
について徹底解説!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ビジネスで勝つ戦略の基本要素

  2. 算命学が占う2016年のロシア・欧米の運勢

  3. 『腹黒い』仮想通貨取引所の実態

  4. 留学のススメ

  5. アメリカが同性愛者を擁護する隠された秘密

  6. インド裏金撲滅で暴落する相場とは?

  7. カジノ業界、資金洗浄の規制と次世代の通貨システム 

  8. ゴミ金融商品の評価指標は顧客本位になるのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ